介護の認定って誰でも受けられるの?

 

前回の記事「介護保険って?」 にて、

介護保険サービスを受けるには「介護の認定を受ける必要がある」

とお伝えしました。

では、介護の認定はどんな人が受けられるのでしょうか?

介護の認定にはどのような種類があるのでしょうか?

 

 

①基本は65歳以上の高齢者

若くして求めれば老いて豊かである(ゲーテ)深いわぁ・・の高画質画像

 

日本では65歳以上を「高齢者」と定義しています。

65歳以上でなおかつ「病院にかかっている人」が介護認定の対象となります。

なぜ病院にかかっている人でないといけないのかと言うと、認定を受けるためにはお医者さんに「主治医意見書」を記載してもらわないといけないからです。

主治医意見書とは、本人の病状などを記載する書類です。その書類が認定を決める時の資料として使われます。

なので、現在病院にかかっていないけど認定を受けたい時は、主治医意見書を書いてくれるお医者さんを見つけることが先になりますね。

 

 

②65歳未満でも介護認定は受けられる?

子供, ネクタイ, 少年, 若い紳士

 

40歳以上~65歳未満で、国が定める特定の疾患がある人は、介護認定の申請を行うことができます。

↓以下、厚生省HPの「特定疾病の考え方」 より

  1. がん【がん末期】
    (医師が一般に認められている医学的知見に基づき回復の見込みがない状態に至ったと判断したものに限る。)
  2. 関節リウマチ
  3. 筋萎縮性側索硬化症
  4. 後縦靱帯骨化症
  5. 骨折を伴う骨粗鬆症
  6. 初老期における認知症
  7. 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症及びパーキンソン病
    【パーキンソン病関連疾患】
  8. 脊髄小脳変性症
  9. 脊柱管狭窄症
  10. 早老症
  11. 多系統萎縮症
  12. 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症及び糖尿病性網膜症
  13. 脳血管疾患
  14. 閉塞性動脈硬化症
  15. 慢性閉塞性肺疾患
  16. 両側の膝関節又は股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

 

これらの疾患があり、かつ主治医意見書を記載してくれるが医者がいれば、介護認定の申請ができます。

若くして脳血管疾患などになり、働けなくなっても介護保険で生活のケアをしてもらえるということですね。

 

 

③介護認定の種類はどれだけあるの?

群れ, 雌犬, ネロール, たくさんの牛, 牛

 

介護認定の結果には

要支援1

要支援2

要介護1

要介護2

要介護3

要介護4

要介護5

と段階があります。要支援1が最も軽く、下にいくにつれ重くなり、要介護5が最も重い認定となります。

要支援1~2と要介護1~5では、利用できるサービスが少し異なるようです。

要支援よりも要介護の方が、より多くデイサービスに行けたり、

より多くヘルパーに来てもらうことができます。

また、ショートステイのような一時預かりサービスも、要介護の方が長い日数利用できます。

車いすやベッドなど、一部の福祉用具は要介護以上の認定がついていないと、利用できない場合があります。

基本的に認定が重いほど、いろんな種類の介護サービスを、よりたくさんの回数、利用できるイメージで良いようです。

なお、要支援~要介護の認定は市町村に設置される介護認定審査会にて審査・判定がされます。

 

↓以下、参考としてリンク貼っておきます。

~厚生省より~

~目黒区公式ホームページより~ (くらしのガイド→介護保険→介護保険総合パンフレット平成29年度版)

 

 

④自己負担の金額は?

紙幣, ユーロ, 札, 紙のお金

 

基本的には利用した介護サービスの1割分が自己負担となります。

一部の高額所得者の方は2割負担となります。年金が高かったり、不動産を持っていたり、副収入がある方などでしょうか。

多くの人は1割負担となり、1回で数千円かかるデイサービスも、数百円の負担で済むというわけです。

他にもヘルパーの利用料金や車いす、ベッドのレンタル料金なども1割負担です。

 

もしこれが、一律で2割負担とか3割負担になったら利用をためらう人もでてくるかもしれません。

現役世代が納める介護保険料は、今後も高くなっていくでしょう。介護サービスの1割負担は財源がないと継続できないはずですから。介護保険料の値上げは仕方がない事なのかもしれません。。

社会保障費の増大は大きな問題ですが、介護保険サービスを安く利用できる体制は維持してもらいたいものです。

 

にほんブログ村 介護ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 介護ブログ 介護保険へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

「介護の認定って誰でも受けられるの?」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。